在校生・卒業生インタビュー

夢に向かって頑張っている在校生、看護師として活躍している卒業生からのメッセージを紹介。ぜひあなたの未来をイメージしてみてください!

  • 在校生
  • 在校生
  • 在校生
  • 在校生
  • 在校生
  • 卒業生
  • 卒業生
  • 卒業生

在校生インタビュー

在校生 種田 詩織在校生 種田 詩織

なぜ看護師を目指そうと思ったのですか?

以前勤めていた仕事場のお客様の付き添いで病院に行った時、診察で言われたことで悩んでいると診察の時におられた看護師の方が私の所に来て声をかけうなづきながら話を聞いて下さいました。私は心が晴れて、とても温かい気持ちになりました。日常生活のケアだけでなく、心のケアも行う看護師という職業に魅力を感じ、やりがいのある職業だと思いました。私もそのような人の心にも寄り添うことのできる看護師になりたいと思い、看護師を目指しました。

他校ではなく、本校を選んだ理由は何ですか?

私が目指す看護師を学ぶことのできる教育内容だと感じたためです。キリストの愛の実践理念に基づいた教育を受けられることは他校ではないことだと思い、患者様に心を砕き寄り添うことができる人間性教育を学びたいと強く思いました。また、特色の一つにある学習や学校生活等について助言や指導を受けられるアドバイザー制にとても魅力を感じました。

看護学校生活を送ってみて感想は?

久しぶりの勉強で不安に思うことがありましたが、90分授業にも慣れ、学ぶことがとても楽しく、おもしろいと感じています。親身になって話を聞いて下さる先生方や、同じ目標を持つ仲間がいるので、困難なことがあっても乗り越えられると実感しています。

目指す看護師像は?

日常生活のケアだけでなく、人の心にも寄り添うことのできる看護師です。

在校生  長谷川 瑠美 在校生  長谷川 瑠美

なぜ看護師を目指そうと思ったのですか?

幼い頃に入院した経験から、私は漠然と看護師という職業に興味を持ち、憧れていました。中学生の頃に職業体験学習で病院に行く機会があり、その際初めて患者ではなく働く側から看護師の仕事の一端を見ることができました。専門的な知識・技術が必要で、憧れだけではできません。しかしその大変な分やり甲斐のある仕事だと感じました。かつての自分がそうであったように、不安な気持ちで来院される患者様と医師とを繋ぐ存在である看護師になり、少しでも人の役に立ちたいと思い志望しました。

他校ではなく、本校を選んだ理由は何ですか?

愛の実践理念を基盤としている教育理念に感銘を受けたからです。私の目指す看護師像の中に他の人の痛みを感じ思いやることのできる感受性の高い看護師というものがあります。オープンキャンパスに参加した際の先生方からのお話しから、本校のあたたかい雰囲気や愛のある看護師を育てるという熱意を強く感じました。本校でなら、患者様へのこまやかな心遣いや確かな知識・技術を習得することができると感じました。そして患者様の病、苦しみに寄り添った看護を学べると思い志望しました。

どんな看護師になりたいですか?

患者様それぞれに応じた愛のある看護をするため、常に努力し続けられるような看護師になりたいです。

在校生 堤 綾香在校生  堤 綾香

学校生活を送っていて楽しい事は?

毎日楽しいです。日々新しい学びや発見があるからです。また学生全員が同志であり、優しく温かい人たちばかりです。その様な環境で過ごせる学校生活であるため毎日楽しいです。

学校生活を送っていて大変なことは?

試験やレポートです。試験の範囲は比較的広く、全てが覚えなければいけないものでかつ理解していないと解けないからです。レポート類も多く、試験と時期が重なったり、実習に行く準備として沢山あり、正直想像していた以上に大変です。

実習で感じたことはなんですか?

知識がないとやっていけないと感じました。基礎となる知識を身につけ、それを発展させていかなければならないため、援助をする際も、レポートを書く際も知識不足では何もできないと思います。また、技術も同様になくてはならないものであり、正しい知識と技術がなければ患者さんとの関係は築けないと感じます。

目指す看護師像は?

正しい知識と技術を持ち、その上で看護が出来る看護師、そして何よりも人の基本である挨拶がきちんと出来る看護師になりたいです。患者さんを笑顔に出来る事も技術の一つだと私は思います。

在校生 今西 信太郎在校生 今西 信太郎

なぜ看護師を目指そうと思ったのですか?

看護師さんの話を聞く機会があり、その時までは人の命を守るということは体のケアをすることだと思っていましたが、コミュニケーションを通して、心のケアも行うことで、病気をはやく治せるということを知りました。私もコミュニケーションを通して人の命を守りたいと思ったので、志望しました。

なぜ本校を選んだのですか?

本校は、オープンキャンパスで他の学校とは違う先生と生徒との距離感の近さを感じました。私は看護ということをまったく知らずに学ぶためには、先生や先輩とのコミュニケーションの中で学んでいきたいと思ったため、コミュニケーションを多く取り入れている本校を選びました。

大変なことはなんですか?

高校までの分野とは違い、看護という分野を専門的に勉強していくことは、今までの勉強とはまったく違うため、慣れるまでに時間がかかりました。しかし、本校ではアドバイザー制を導入しているため、みんなで協力し合って、どのように勉強すればよいかなど、相談し合うことで、慣れることができました。

目指す看護師像は?

コミュニケーションによって、患者さんの不安などを軽減することができる看護師になりたいです。

卒業生インタビュー

卒業生 上田 裕加里卒業生 上田 裕加里

勤務先:済生会松阪総合病院

看護学校で得られたものは?

看護の知識や技術の修得だけではなく、多くの方々との出会いの場でもあり、コミュニケーションを通して、人間対人間の関わりを深く学びました。自分自身と向き合うことは辛く苦しいこともありましたが、聖十字看護専門学校で人として大きく成長することができたと思います。

看護学校で大変なことは?

日々の勉強や実習です。全ての授業が1つ1つ繋がっているので、内容を覚えるだけではなく、理解しなければ実習へと活かすことができません。また、提出物や記録物が増え、時間が足りないと感じることもありますが、仲間と協力し合いながら頑張りました。

実習で得られたものは?

患者様の立場に立って考え、一人ひとりに合った看護を提供することの大切さや難しさを学びました。また、実際に患者様に援助させて頂くことでそれまで培ってきた知識が自分のためだけでなく、誰かのためになるということを実感しました。より良い看護を提供できるよう、常に努力し続け、これからも頑張っていこうと思いました。

目指す看護師像は?

患者様やチームメンバーから信頼される知識と技術、思いやりの気持ちを持って寄り添い安心を届けていきたいです。そして、初心を忘れることなく、学び続け成長していける看護師になりたいと思います。

卒業生 福岡 春希</卒業生 福岡 春希

勤務先:桑名東医療センター 
    消化器・呼吸器内科

看護師として仕事のやりがいを感じるのはどんな時ですか?

日々大変なことはたくさんありますが、患者様に「ありがとう」と笑顔で言われた瞬間です。
また、患者様をケアさせていただいていることで、私も患者様からケアしていただいていることに気づき、人の温かさを肌で感じることができる仕事であることにやりがいを感じます。

在学中の楽しかった事、苦しかった事などの思い出は?

同じ夢を持った仲間と一緒に勉強したり、患者様のケアについて考え悩んだりしたことは大変なこともありましたが、仲間がいたからこそ乗り越えられました。
仲間と同じ夢を追いかけ一緒にいることができた時間はとても楽しかったです。

看護師を目指す後輩へ一言!

3年間、実習や国家試験の勉強で辛いことや苦しいことがたくさんあると思いますが、看護師という仕事はやりがいを肌で感じることができる素晴らしい仕事です。頑張ってください。

  • 資料請求はこちらから
  • ページトップ