在校生・卒業生インタビュー

夢に向かって頑張っている在校生、看護師として活躍している卒業生からのメッセージを紹介。ぜひあなたの未来をイメージしてみてください!

  • 在校生
  • 在校生
  • 在校生
  • 在校生
  • 卒業生
  • 卒業生
  • 卒業生
  • 卒業生

在校生インタビュー

新入生 稲垣 朱織新入生 稲垣 朱織

なぜ看護師を目指そうと思ったのですか?

幼い頃から、祖父が長い間病気を患っていたため、病院に見舞いに行く機会が多くありました。その際、いつも辛そうだった祖父の表情が、看護師さんと会話をした後は、とても穏やかな表情に変わっていくのを子供ながらに感じていました。
私も祖父がしていただいたように、人の心に寄り添える素敵な職に就きたいと思い、看護師を志すようになりました。

他校ではなく、本校を選んだ理由は何ですか?

オープンキャンパスや、ガイダンスに何度も参加させていただいた中で、患者さんのケアをさせていただくことで、看護師自身も成長できるという考え方に惹かれ、また、それが教師と学生の間でも同じだというお話しを聞き、私もこのような温かい教えの元で学びたいと強く思い、入学を決意しました。

どんな看護師になりたいですか?

患者さんが、それぞれに抱えている痛みや悩みに寄り添える看護師になりたいです。

2年生 山下 尚子 2年生 山下 尚子

なぜ看護師を目指そうと思ったのですか?

小学校の時に入院をし、看護師さんの一所懸命に働いている姿や誰に対してもあたたかい対応を見て憧れを抱きました。
高校生の頃に看護体験に参加する中で、看護師は責任がとても重大で大変な仕事ですが、それ以上にやりがいを感じる仕事だと思い、看護師になりたいという思いがより一層強くなり決意しました。

看護学校(本校)に入学して良かったと思う事はどんな時ですか?

先生方や友達がとてもあたたかく、助け合いながら毎日楽しく学習に取り組むことができることです。また、アドバイザー制が導入されており、先輩方に実習や勉強法等について教えていただけるため、あらかじめ予習や準備が出来るので、とても参考になります。

大変なことは何ですか?

日々の勉強です。最初は聞き慣れない言葉ばかりで、基本を理解していなければ繋がらないこともあるので、覚えることが大変でした。提出物や試験も多く、範囲も広いので毎日少しずつ復習をし、分からない所は友達に聞いたりしながら頑張っています。

目指す看護師像は?

患者さんの心に寄り添い信頼していただける看護師になりたいです。

3年生 長谷川 瑠美3年生 長谷川 瑠美

学校生活を送っていて楽しい事は?

毎日クラスメイトと他愛もない話を休み時間や昼休みにするのが私は一番楽しいです。
課題や勉強の大変さが皆同じなので協力したり、共感し合える部分が多くあります。また入学してからずっと同じクラスなのでみんなの仲が良くクラスの居心地が良いのも楽しい理由の1つです。

学校生活を送っていて大変なことは?

頻繁にあるテストの勉強や授業の課題、提出物などに取り組んでいくのは本当に大変です。また国試を意識した勉強など多くのことを計画的に継続的に行っていくことは想像以上に大変ですが、看護師になることを目標に頑張っています。

実習で感じたことは何ですか?

患者さんの立場になって、どんな思いがあるのか、何を望んでいるのかを考えることが大切だということです。入院生活を送る患者さんには1人ひとりの思いがあり目標や願いがあります。
その思いに寄り添うために、患者さんと話したり観察することで私たちにできることが必ず見えてくると思います。
患者さんを第一に考え、少しでも患者さんが精神的にも身体的にもプラスになれるような看護ができるよう日々知識、技術の習得に励んでいます。

目指す看護師像は?

他の人の痛みを感じ思いやることのできる感受性の高い看護師になりたいです。

卒業生 林 美花卒業生 林 美花

勤務先:菰野厚生病院 
    内科・神経内科勤務

看護師として仕事のやりがいを感じるのはどんな時ですか?

患者様から「ありがとう」や「頼りにしてるよ」と言っていただけたときです。ケアに満足していただけ、また信頼関係を築けることでやりがいを感じ、自信にもつながります。

看護学校で得られたものは何ですか?

楽しいときも辛いときも一緒に過ごしてきた友人たちです。就職して別々の場所で働いている今でも情報共有や励ましあいながら頑張っています。
また学校の先生、クラスメイトだけでなく実習先で多くの患者様と関わり、コミュニケーションの大切さをとても感じ、人との関わりについても多くを学ぶことができたと思います。

看護師を目指す後輩へ一言!

学内の講義や病院での実習、国家試験など大変で辛いときもあると思いますが、看護師になろうと思ったときのことを思い出しながら周りの友人たちと一緒に頑張って下さい。応援してます。

卒業生 西井 佑美香卒業生 西井 佑美香

勤務先:伊勢赤十字病院 
    呼吸器外科・心臓血管外科勤務

看護師として仕事のやりがいを感じるのはどんな時ですか?

日々の看護業務を行っていくことに対して精一杯となり、患者様の思いに寄り添うことができていないと感じることがあります。
しかし、患者様は温かく見守って下さっており「頑張ってるね。いつもありがとうね。」と笑顔で言って頂ける時は患者様の心の温かさを感じ、今の自分にできることは少ししかないが、患者様の笑顔をたくさん見ることができるようにと頑張ることに対してやりがいを感じています。

在学中の楽しかった事、苦しかった事などの思い出は?

患者様1人1人にとって必要なケアは何かと、個別性のある看護ケアに対して悩んだり幅広い分野を勉強したりと大変なこと苦しいことはたくさんありました。
でも、その時にはいつも近くで仲間が支えてくれており、今ではいい思い出の1つとなっています。一緒に将来に向けて仲間と頑張った時間は、辛いことよりも楽しいことのほうが多かったです。

看護師を目指す後輩へ一言!

3年間実習や国家試験の勉強で辛いことや苦しいことがたくさんあると思います。ですが、看護師という仕事は、患者様のいちばん近くで辛いことや苦しいことだけではなく楽しいことや嬉しいことを一緒に感じることができる素晴らしい仕事だと思っています。将来、共に看護師として働かれる皆様を応援しています。

卒業生 尾上 美友貴卒業生 尾上 美友貴

勤務先:総合心療センターひなが 
    精神科高齢者病棟勤務

看護学生時代に大切にしていたことは何ですか?

看護学生としての学生生活はもちろん、実習に行った際には、指導していただく担当者さんや受け持たせていただいた患者様に対し、接遇は特に大切にしていました。
勉強面や技術面に対し未熟であり、不安も多くついていけない事もありました。
しかし、看護学生としての言葉づかいや笑顔での挨拶を心掛けることで、気持ちの切り替えや円滑なコミュニケーションへと繋がり、前向きに実習に取り組むことができたと思います。

看護師としてこれからの目標は何ですか?

現在、精神科看護師として働いていますが、精神疾患により身体症状の訴えが乏しい患者様も多くみえます。その為、日々の援助の中で、学んできた技術や知識をもとに注意深く観察し、僅かな変化を見逃さない関わりを行う事、根拠をもとに1人ひとりにあった最善の看護を実践していくことです。 今後も経験や学習をもとに自身のスキルアップを目指し続けていきたいと思います。

看護師を目指す後輩へ一言!

看護師になるための勉強、実習は楽しいことだけでなく、辛く苦しいことも多くあります。しかし、看護師という職業はやりがいがあり、自分自身も一生成長していくことができる仕事だと思います。ぜひ、自分の目指す看護師像を見つけ、患者様から信頼される看護師を目指していってください。

  • 資料請求はこちらから
  • ページトップ