教育理念

“人の病や苦しみに対してすすんで耳を傾け、支え共に生きることによって看護者自身も成長し、互いに癒され変革していく”…このような愛の実践理念を基盤に、地域社会の保健・医療・福祉に貢献できる看護師を育成します。   
 本校は、キリストの愛の実践理念に基づいた奉仕と共存の倫理観を大切にし、生命の尊さや病気の苦難の中に示される意味や可能性を見出す保健・医療のあり方や、それを実践できる確かな看護技術を追求します。  
 キリストの愛に基づく病者と看護者との関係性は、ナイチンゲールをはじめ多くの看護者の病者への奉仕の実践に現われています。また、病者の苦しみの中にキリストの姿をみてその人たちと共に生き死を支えたマザーテレサの生涯も、キリストの愛の実践そのものであったことが知られています。

寄り添い、そして看まもる
  • 資料請求はこちらから
  • ページトップ