教育方針

看護の専門職者をめざし、志をもって勉学に取り組む学生を援助します。
学生一人ひとりの力を最大限に引き出せるようサポートしていくことが、
聖十字看護専門学校の使命であると考えます。

  • 学生参加型の教育方法。
  • 学生一人ひとりの
     特性を生かした
     個別教育や少人数教育。
  • 実習病院・施設との連携。

地域社会の保健・医療・福祉に貢献できる資質の高い人材を育成

01

初期段階から倫理学や人間関係論の講義を取り入れ、早期に人間観、倫理観を育成します。さまざまな価値観や感性をはじめ、対人支援における技術やコミュニケーション能力を獲得できるよう導きます。

02

講義、演習、実習においても、常に学生の主体性を大切にし、学生参加型の教育方法で、実践的・探索的な教育を実施いたします。

03

学生一人ひとりの特性を生かした教育をめざし、個別教育や小人数教育を導入します。学生一人ひとりが、人間として大きく成長できる体制を整えます。

04

実践教育の場として一般病院、当法人の関連施設である緩和ケア病院、介護老人保健施設、介護老人福祉施設、通所リハビリテーション、保育園等と連携した実習を実施します。地域に密着した環境で、学生に幅広い看護実践体験の機会を与えます。

05

それぞれの教育段階において、学生の希望や社会の期待に即した看護教育を提供できるよう、自己点検・自己評価、外部評価を取り入れ、つねに教育内容の見直しを実施します。教職員間の連携を通して危機管理体制を整えます。

  • 資料請求はこちらから
  • ページトップ