教育システム

学びの分野

各学びの分野をクリックすると詳細が表示されます。
クリックして詳細内容をご確認ください。

基礎分野
専門基礎分野
統合分野
専門分野Ⅰ
専門分野Ⅱ

基礎分野

倫理学や情報科学の講義により人権の尊重にかかわる倫理観や科学的思考の基盤を、また、環境学、社会学、家族論、経済・経営学の講義により人間と生活、社会を幅広く理解する能力を養います。さらに、人間関係論、カウンセリング論、日本語、身体表現の講義によりコミュニケーション技能と表現力を高め、英文読解や臨床英会話など外国語教育を強化して国際化に対応しうる能力を養います。

専門基礎分野

解剖生理学、生化学、栄養学、薬理学、微生物学、病態・治療学等の講義や演習を通して、人体の構造と機能、疾病の成り立ちと回復の促進について、臨床で活用可能な内容を深く理解できる能力を養います。
また、リハビリテーション論、公衆衛生学、社会保障等の講義により、健康・疾病・障害に対する支援と社会保障制度について理解を深める。さらに、社会福祉、ケアマネジメント論の講義により社会資源の活用の実際を学習することにより、地域における関係機関の調整を行うための基礎的能力を養います。

専門分野Ⅰ

専門分野Ⅰ(基礎看護学)は、専門分野Ⅱに共通する看護の基礎となる内容を学び、各看護学に発展・展開・応用できるような基盤作りを行う科目です。基礎看護学では各看護学の土台となる看護の概念や役割、基礎的理論や看護実践の基礎となる看護技術を学ぶ内容です。特に看護技術は、対象の生活を整えるのに必要な技術として強化します。臨床看護技術では、対象の状態を理解することで専門分野Ⅱ、総合実習の学習効果につながる内容です。基礎看護学の目ざすところは、看護の本質を追求しながら、現代社会が看護職に期待する役割機能と他職種との連携、看護の専門性・独自性を考え、本校の教育理念である「人の病や苦しみに対して、すすんで耳を傾け、支え共に生きることによって看護者自身も成長し、互いに癒され変革していく…という「愛の実践理念」を基盤に、人間の尊厳を重視し、コミュニケーション能力と安全で安楽な看護について学びます。さらに看護を科学的にとらえ、対象に応じた看護に発展させるための看護実践能力の基礎を習得することを目指します。
基礎看護学の目的は、看護の導入として、人間のライフサイクルにおける健康の意義、看護の基本的概念と保健医療の中での看護の役割を理解し、看護の基礎となる知識・技術・態度を習得して、各領域に発展できる基礎的能力を養うこととします。

専門分野Ⅱ

成人看護学においては、急性・回復期、慢性期、終末期のそれぞれの健康レベルにある対象に対して看護を実践できる能力を養います。老年看護学、小児看護学、母性看護学、精神看護学においては、各領域特有のケアへの理解を深め、対象の特徴に応じた看護の実践能力を養います。特に、各専門領域の方法論に看護過程展開の演習を取り入れることにより、対象の特性に応じた論理的思考力を育て、実践に対応できる能力を養います。

統合分野

統合分野は看護基礎教育の集大成であり、在宅看護論においては対象特性を超えて地域で生活する療養者とその家族への看護を実践する能力を養います。また、看護の統合と実践においては、基礎分野、専門基礎分野、専門分野Ⅰ、専門分野Ⅱで習得した知識・技術を統合し、対象の状況に応じて看護を実践する能力を養います。特に、医療安全、災害看護、看護マネジメントといった専門職業人として探究し続けていかなければならない課題を含む講義を設定し、自己の看護観を深め、卒業後も最新知識・技術を自ら学び続けるための基礎的能力を養います。

カリキュラム

カリキュラム

実習施設

  • 菰野厚生病院
  • 総合心療センターひなが
  • 三重県立総合医療センター
  • 小山田記念温泉病院
  • 介護老人福祉施設
  • 障害者支援施設
  • 鈴鹿回生病院
  • みたき総合病院
  • 四日市羽津医療センター
  • 亀山市立医療センター
  • 介護老人保健施設
  • 訪問看護ステーション
  • 養護学校
  • いなべ総合病院
  • 市立四日市病院
  • 三重聖十字病院
  • 保育所


実習施設
  • 資料請求はこちらから
  • ページトップ